2008年07月06日

真実はいつだって、わからない。



うーん!?
そう、劇的過ぎですよね。
なんせ、無血の救出です!

まあ、これで、コロンビア大統領の株がちょっとあがったんだろうけど、2000万ドル(約21億円)支払ったって方が真実性があるな。

でも、救出したかったのは、やっぱり、ベタンクール氏とアメリカ人捕虜だったんだろうな。

特にベタンクール氏、フランスの介入で、話題になりすぎたから、ここで彼女を救出する事で、世界的株があがりましたね。コロンビア大統領。

それにしても、まだ、残されている捕虜は?

だってゲリラをだまして、救出するんだったら、全員救ってやって欲しいものじゃあありませんか?

15人は選ばれて救出されたって事でしょう。




posted by おばちゃん at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネットニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ベタンクール女史、解放される(M)
Excerpt: (写真)ゲリラから解放されてコロンビア空軍機からボゴタの空港に降り立つベタンクール女史(写真右側の迷彩服のジャケットを着た人物)(撮影:コロンビア共和国国家陸軍)  報道によると、2002年2月23..
Weblog: マオ猫日記
Tracked: 2008-07-09 23:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。