2008年08月10日

今年1月から5月までに323件の誘拐事件があった。

   La Jornada2008年8月10日新聞より

 2007年に比べて9.1%の増加

今年最初の5ヶ月間で323件 月平均64.6件 日平均2.1件

そのうち91件が犯罪組織によるものである。

1月から5月までの5ヶ月間 国内で105人のこの犯罪犯を逮捕した。

メキシコシティー、メキシコ州、バッハカルフォニア州、ミチュワカン州、オアハカ州、ベラクルス州、ゲレロ州での犯罪が多い。

犯罪が増加しているのは、誘拐グループが増加している事と、監獄から出たグループ監獄にまだいるグループ、前ポリスなどが協力して犯罪を犯している。


 企業家の息子が誘拐暗殺された事件がつい最近話題になって、急に誘拐問題にスポットが当てられた気がする。

だが、実際誘拐は多いらしい。

金持ちが狙われるだけでなく、スピード誘拐というので、一般の普通並の家族でも、はじめから狙われていたというのでなく、たまたまそこに居合わせていた人を誘拐して、その家族が支払い可能の最大限の金額を要求するという手の誘拐というのもあるそうだから、

金持ちじゃあないから、誘拐の標的にされないだろうと安心してはいられない。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。