2006年03月06日

No12  2004/01/22

『Foxは、ブッシュの太鼓持ち腰巾着である事を否定し、
   ブッシュとの関係を自衛する。』

 「Foxはブッシュに服従して、Foxはブッシュの太鼓持ちだ、
 と、すぐ、言う人がいるが、ブッシュとの仕事はたいへん親密
 であり、アルゼンチンとFMIの件、ボリビアにおいての件など
 での件のように、ブッシュの名のもとに交渉を行う事がある。」
  「時として、ブッシュ大統領は、我々を通して、ある交渉を行
 うが、これは、何も、秘密な事はなく、反体制な事ではなく、
 何も、自治主権を犯す事ではない。」と、Fox大統領は明言した。

 注(1月12、13日 メキシコ モントレィで、アメリカ国際
 会議が開かれた。その時のFox大統領の発言)
       
         EL UNIVERSAL 04/01/14

 <おばちゃん的解説>
  Foxは、イラク戦争の時は、戦争に賛成しないと、ぎりぎりの
 ところで言った。
 これは、メキシコの大衆が、彼に、賛成すると言う事を許さなかっ
 たと、いう事であったと思う。
本当にところは、アメリカや企業のプレッシャーもあり、また、
 アメリカとの関係においても、アメリカの味方をして、得をしたい
 といったところだった と思う。
 他の幾つかのラテンアメリカの国も、仕方なく、アメリカの戦争に
 賛成した国もあったのです。

 悲しいかな!メキシコは、日本以上に、アメリカとの関係に頼ら
 ないと、やっていけない国なのです。
 少なくとも、みんな、そう思っている国なのです。
 
 今、ブッシュは再選の事もあり、「イラク戦争の事については、
 しょうがないから、メキシコを許してやらー。
 メキシコ系のアメリカ人票もバカにでき
 ないから、これから、少しメキシコとも仲良くして見せてやるわー。
 だから、これからは、俺の言う事を聞けよー。」と言ったところか?

 Foxの昨日の演説、「今、ブッシュの提案するメキシコ人などの
 不法就労者などにも 3年のビザを与えるように、国会に提案するだ
 ろう事は、多くのメキシコ人のためになる。我々の努力の結果だ。」と。
 Foxの努力の結果なもんか!

 そこで、Foxは、自分は、ブッシュの腰巾着じゃあないぞーって
 言う事で、ブッシュが会議で、ベネズエラとキューバを非難し、皆で、
 口出しして、キューバの独裁政治を止めさせ、ベネズエラで国民投票
 をさせ、チャべス政権 を、止めさせようと、言ったのに対して、
 Foxは、「Hugo Chavez大統領とは、意見の違いはあるが、
 ベネズエラのデモクラシーが守られ、国民が国民投票を求めるなら、
 そうあるべき で、ブッシュに同行して、国民投票を支持するが、
 ブッシュと同じく、国民投票を支持するというのではなく、デモクラ
 シーを支持し、国民が主権を持ち、決定する事を支持するのだ。」って。

 なんか、言ってる事が、よく、わからん!
 ブッシュに気を使って、その上、腰巾着って言われないように、気を
 使ってるのでしょうが。

 キューバに対しては「我々は、歴史的、恒久的固い外交を維持して
 いる。」と。
 キューバに対しては、2年ほど前のやはり、モントレィでのアメリカ国 
 際会議の時、ブッシュに気を使いすぎて、カストロと(嘘つき!、
 裏切り者!)と、トラブって国交断絶か?までの話になったからねえ。
 気をつけてもの言わないとねえ。

 でも、Foxが腰巾着、太鼓持ちじゃあないぞって強調すると、よけい
 Fox大統領殿、貴方の言う事やる事は、やっぱり、腰巾着だねえって
 思えてくるよー。

 あー、それにしても、小泉総理殿にしても、Fox大統領殿にしても、
 日本国のため、メキシコ国のため、一生懸命、やっているのです。
 ブッシュ暴君の太鼓持ちの仕事は、大変なんですよねえ。
 本当に、同情申しあげます。

                         1月17日記




posted by おばちゃん at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2003/12〜2004/6
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。