2006年03月06日

No29 2004/05/13 メキシコの上空にユーフォー                     

メキシコの上空にユーフォー
               Unoma’suno 5月12日

 カンペチェで、メキシコ空軍の警備機から、11のユーフォー
を捉えた。

ユーフォー専門家のマウサン氏は、世界の航空界にユーフォーが
危険と言った。

 防衛大臣によって、このビデオ公開が許可されたものだ。
これは3月5日にカンペチョ カルメン市の上空で捉えられたもの。
一国の軍部によって、公式にユーフォーの存在を公表したのは、
初めての事と。


 <おばちゃん的解説>
  あなたはユーフォーの存在を信じる? 
  地球人だって、火星まで、宇宙船を送っているのだし、
あり得る!!?? 
  地球人より、進んだ宇宙人がいても。
  メキシコって、よく、ユーフォーが現れるって、話題になる
ところです。

  だが、今回は、国が、ユーフォーだ、ユーフォーだって言ってる
のです。
 やっぱりメキシコ、これに関して、他に遅れをとりたくなかったか?
 ユーフォーの国メキシコだからねえ。

 それにしても、3月に現れたユーフォー、何故今頃、発表するのだ。

  うちのダンナに言わせると、今、政府、アウマーダ(ビデオス
キャンダルの主役)事件で、後ろめたい事があるって国民に疑われて
る傾向ありだから、国民の関心を他へ向けるって事もあるかもよ。
ブッシュへのイラクの批判をキューバに向けるって事もあると同じで。
  
 さすが、メキシコ人、昨夜のテレビニュースで、ユーフォー現れた
ニュースが、流されたらと思ったら、みんな、今日は新聞買った。
私が、買いにいったら、もう、ほとんど売りきれていた。
僅かに残っていたのが、ウノマスウノとフィナンシエロだけだった。
                     5月12日記

NO27の訳でちょっとおかしいところ教えてもらいました。
 1. Persona no grata (persona non grata): ラテン語では
「ペルソナ・ノン・グラタ」または「好ましからざる人物」
と訳される外交用語です。

 2. Encargado de negocios: これも外交用語で、フランス語
のCharge' d'affairesの西語訳です。 
西語でも仏語のまま使うこともあります。
 いわゆる代理大使(または代理公使)の意味です。 
すなわちこの場合
 は代理大使のレベルに両国関係を縮小して日常の事務処理だけはすると
 諒解されます。

  ありがとうございます。本当に勉強になります。




posted by おばちゃん at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2003/12〜2004/6
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。