2006年03月30日

No116 2006/3/18 世界水フォラムで、ノー民営化と叫ばれる

世界水フォラムで、ノー民営化と叫ばれる

        3月16日 EXCELSIOR新聞より

  世界銀行は、水を商品化にしょうとしている。:ONG

 飲み水の供給サービスの民営化についての激しい議論が
 水フォラムもっとも中心スポット。

 ONG(非政府団体)は、水は公共のものであり、全ての人の為
 のものである、民営化する事は、命の水にたいして、不防衛な
 立場に人々を置くという事であると。

____________
 <おばちゃん的解説>
 16日から、メキシコシティーで水フォーラムが始まった。

 そして、メキシコシティーのフォーラム会場、ホテル地区の
 厳重警備体制と、メキシコシティーを交通不能にするデモも
 始まった。 

 メキシコ・世界の水問題は、今後、どんどん深刻な問題にな
 ってゆくだろう。
 
 今回、世界各国から、偉い方達が、フォーラムの会議にに参加
 するためにやって来ているが、
 また、同じにメキシコからの、世界からのONGの人々、環境団体
 の人々etcがやってきて、デモに参加。
 
 水の供給の民営化の問題。
 これは、とっても、どえらい忌々しい事と思う。
 今の時点で、メキシコシティで、常に水不足の問題に悩まされて
 いるのは、もっとも貧しい地区の人々。
 金持ちの地区が水不足なんて、聞いた事がない。
 
 これが、水が民営化されたら、金のないものは、天からの恵みである
 命の水も、手にいれられない可能性が出てくるのだ。

 金が唯一の目的の企業が、金を出さないものに水分けてくれるか?

        3月17日記
関連記事
 こちらも、よっかたらみてね!
 ブログ、メキシコから




posted by おばちゃん at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006/1〜3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。