2006年04月02日

No43 2004/10/4 何千人という人々が、エチェベリアと    その68年事件の責任者を牢獄に!と要求

何千人という人々が、エチェベリアと
   その68年事件の責任者を牢獄に!と要求
           La Jornada 10月3日新聞より

 毎年10月2日に、1968年のトラテロルコの大虐殺追悼、裁判
とその責任者を要求してのデモ。
 「国家最高裁に、歴史の責任を取り、前大統領逮捕を命令す
る事を要求する。」
。。。。。

 
 このデモにたいして、過去最高の安全体制が取られた。
 私服警察を含めて8千人以上の警察官が、昨年の暴動の二の舞い
を警戒して、公共、商業建物を警備した。

_____________
 <おばちゃん的解説>
 68年のメキシコオリンピックの1週間前のトラテロルコ集団虐殺
事件を知らない人も、多いと思う。

 メルマガNO.38でも、関連記事を取り上げましたが、メキシコ
の歴史の悲しい出来事の一つです。
 
 毎年10月2日、トラテロルコから、ソカロ広場まで、恒例のデモ
が行われます。

 36年前の事件でも、正しい裁判が行われない限り、事件は解決
していない。
 多くのメキシコ50才以上の人々の脳裏に、この歴史ははっきりと
刻まれています。

 このデモが重要な意味があるのですが、また、一方、この時と
ばかりに暴動を行う若者がいる事は、悲しい。

 去年のその暴動が酷かった。周りの建物や車などを片っ端から
叩き壊しまわったという。
 それを今年は特に警戒して、ポリスが8000人以上とは。
 そのお蔭でか?今年は、大きな暴動はなかったようです。
                 10月3日記

  




posted by おばちゃん at 05:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/7〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。