2006年04月02日

No61 2005/3/28

処女を売る少女
       
           MILENIO   3月24日新聞より

「売春婦と私を判断しないで、向上したと願っている少女であるだけ」
 
 18才の褐色の少女が、インターネットで、自分の処女を競売にかけた
と、リマの地方紙が伝えた。

その失望の結果か、その明晰さのせいか、ただ単に、競売が、最初の
8000ソル(約27万6000円)から、20000ソル(約69万2000円)
に値上りしただけでなく、ものすごい量のありとあらゆる提供のメール
(ソーセージとじゃがいもを売るためのワゴンの寄付を含め)、が、
どっと来た。

彼女は、小さい時父親に見捨てられ、8才で、物売りとして働き、14才
から病気の母親と弟達の家族を、タマレスを売って養っている。

先週、ガス、水、その他のお金をどう払うかを悩み、母親の病気の
の負担、弟の喘息の苦しみに、自分の処女を売る決意をしたと。

彼女はこのお金で、観光の勉強をしたい、そして、お母さんの病気を
治療したいと。

そして、彼女の夢は、Jennifer Lo'pezのような歌手になる事と。



______________
 
 <おばちゃん的解説>
うーーん、皆さんどう、思います?
日本では、援助交際なんてのが、大分前から、話題になったりした
けど。

それと、ちょっと、違うけど、いや、メキシコの、ラテンアメリカの、
いやいや、世界にいっぱいいる本当に何もない貧しい人が、這い上が
っていける、這い上がっていこうとしたら、どうしたらいいのか?
 何ができるのか?

           3月27日記




posted by おばちゃん at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/1〜6
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。