2006年04月02日

No65 2005/4/8

フリーダ博物館で、画家の衣類が発見された。
  

             MILENIO 4月7日新聞より

 2年計画のフリーダ博物館改装中に、開けらた事がなかった場所
 から、180点の服(特に、オアハカ南部のテワンテペック地方の
 インディヘナの民族衣裳など)靴、ショール、先コロニアル時代
 の宝石など、全て彼女の持ち物。
 
 また、ピカソから贈られたペンダントなどもあった。

__________________

 <おばちゃん的解説>
  メキシコの画家フリーダ、映画などもあって、最近日本の人にも、
 良く知られるようになりましたので、フリーダニュースです。

                4月7日記

 
 




posted by おばちゃん at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/1〜6
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。