2006年04月02日

No72 2005/7/4

カルフォニアの市長にメキシコ系アメリカ人がなる。
  
            7月2日 レフォルマ 新聞より

 アメリカ第2の都市、ロサンジェルス市長に、133年ぶりに
ヒスパニア系の市長として、メキシコ出身のアントニオ 
ビッジャイゴッサが市長の職に、昨日ついた。

彼は、自分の出身をけっして、忘れないとスペイン語で言った。
46.5%がヒスパニア系の都市 多民族都市の新しい市長は、
戦わなければならない問題が山積していると言った。

***********

<おばちゃん的解説>
 多民族国家であるアメリカであるが、また、その人種差別は、
 歴然とあるアメリカでもある。

 ヒスパニア系、メキシコ系アメリカ人は、その人種
差別に苦しめられている事も事実である。

その多民族国家の中で、人口的なウェイトが増えているのが、また、
ヒスパニア系、メキシコ系なのである。
メキシコ系又はヒスパニア系の市長が、いつか出てくるのは当然
であろう。

カルフォニア州知事Schwarzeneggerは、やはり、移民者であるが、
白人系な事もあってか知らないが、結構、メキシコ移民には、
意地悪なのである。
彼は、Minuteman(武装した民間人による不法移民狩り)に大賛成で
絶賛と。


メキシコとしては、新しいロスアンジェルス市長におおいに期待
したいところだろう。

                7月3日記




posted by おばちゃん at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/7〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。