2006年04月02日

No76 2005/7/17

ユカタン州、キンタナ ロウ州で、エミリーの切迫した上陸前に
 買物パニック。

           
         La Jornada 7月16日新聞より
  
  キンタナ ロウ州において、95000人の観光客の避難移動が始まった。
 
  風速時速215キロ、最大風速260キロ。

 。。。。。。。。。

 ______________

<おばちゃん的解説>
 エミリーって、きれいな女性ならいいのですが、ハリケーンです。
 大変です。これって、人間でも、木でも、もちろん、ほったて小屋
 なんって、みんなふっとんでしまいます。

 17年前に、これ並みのハリケーンが、やっぱり上陸して、そりゃあ、
 すごい事になったのですが。
 ホントに、木なんって、根こそぎ、大きな船がホテルの屋根の上に
 乗っかってしまって、その後の観光ポイントになったりして。

 観光客も大変ですが、ユカタン半島の現地の人は、村のヤシの葉で
 葺いた家に住んでいるのですが、大変ですよ。

 ハリケーンの季節って、9月10月って言うのは、昔の話し。
 今は、もう、数も多いけど6月くらいから、騒いでいるのですよねえ。
 今の自然災害って、人間の責任も、多いにあるのですよね。

 被害が少ない事を願って! 今頃、現地の人は、心配でドキドキし
 ていると思うと気になる。
 カンクンに、お友達がいる。
 私のご案内した観光客の方は、もう、無事、帰ったって聞いてほっと
 した。

                7月16日記




posted by おばちゃん at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/7〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。