2006年04月02日

No87 2005/9/9

メキシコと日本の文化交流
 

        EL UNIVERSAL 9月8日新聞より

 この分野での会議において、両国の昔からの結びつきを再活発
 にすることが提議される。

 チャプルテッペック城で、昨日はじまった第1回メキシコー日本
文化会議において、両国間の文化交流において、メキシコ文学を
日本語で出版する事、メキシコに滞在する日本の学生の滞在計画を
再復活させる事、その他が協議された。

 ............

 4世紀のコンタクト
 
 1614年 航海者支倉常長は、60人の侍と130人の商人と
       メキシコに到達した。

 1888年 日本とメキシコは、友好平等条約を結んだ。

 1913年 日本大使館は、フランシスコ I マデロの暗殺後、
       その家族30人を庇護した。

 1923年 メキシコは、地震で破壊した横浜の再建のために
       金を贈った。

 1954年 日本はメキシコと歴史最初の文化協定を結んだ。

 1975年 両国は、現在まで続いている交換留学生制度を結んだ。

 2005年 メキシコー日本自由貿易協定が結ばれた。

 _______
 <おばちゃん的解説>
 メキシコに住んで思う事は、メキシコの人は、一般的に、日本に
 対して、すごくいい感情をもっている人が多い。
 それは、ここに住む者として、とっても嬉しい事です。

 これから、日本とメキシコの文化交流がもっと行われて、もっと、
 多くのメキシコ人、もっと多くの日本人が、相手の文化を知り合
 える機会が作られたら、ホントにいいなあ!

 サムライ、ゲイシャ、ハラキリ、カラテ、ソニー、ニッサン、ホンダ
 etc。だけでない日本を知ってもらい。

 サボテン、テキーラ、タコス、ソンブレロ、マチアッチetcだけでない
 メキシコを知って。

 遠い日本とメキシコが、とっても近い国になれたら。
 私も、メキシコの地に骨を埋めてもいいかあ?
                  9月8日記

  




posted by おばちゃん at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2005/7〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。