2006年08月24日

No142  2006/8/10 教員の運動が、社会運動グループの運動に乗り変わっていている。   

教員の運動が、社会運動グループの運動に乗り変わっていている。
  
      El Universal 8月9日新聞より

 La Asamblea Popular del Pueblo de Oaxaca (APPO)
(なんと訳したらいいかな?)は、オアハカ州のもっとも、急進的なグループ。

 最初、教師の給料値上げ運動であったが、今、その運動を動かしているのは、
  Frente Popular Revolucionario, el Frente de Lucha Popular,
el Consejo Indigena Popular de Oaxaca, el Comite de Organizacion Nacional
 del Poder Popular 、 el Frente Sindical por la Unidad Democratica de Oaxaca
 (大衆社会運動グループ)。

 ___________________________
<おばちゃん的解説>
 オアハカの教師の給料値上げデモはいつ始まったけ??
 だいぶ前から、きっと、5月からか?
 毎年、5月15日の教師の日頃から、デモがあるから。

 やっと、教師が学校へ帰っていったか?とおもったけど、デモは続いている。
 始め、給料値上げがそのデモの理由であったけれど、今は、オアハカ州知事
 の首切り要求になっている。

 オアハカ市内の役所が占拠され、道が封鎖され、問題は少しも解決の見通しが
 立っていない。

 これは、単に、人迷惑な!という単純さで、批判する事では、メキシコを
 理解した事にはならない。
 メキシコ社会がいかに、矛盾と不公平に満ちた社会であるか、
 を理解しなければ。。。。

 大統領は、メキシコは平和で民主的で、なんの問題も抱えていないような物の
 いい方をいつもの事でしているが、、、、、

 今、オアハカ市の教師のデモから始まった運動、メキシコシティー大統領選挙
その後のロペス オブラドール支援者の運動、また、鉱山の労働者の運動、デモ、
メキシコ州のアテンコの抗議、サパティスタの運動など、メキシコはいろんな
抗議運動、社会運動が、ある。それを否定することできない。

そして、それは、あるいは、大衆を動かす大きな運動になるかもしれない爆弾か?
花火か?である事も否定できない。

        8月9日 記




posted by おばちゃん at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006/4〜9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。