2006年10月10日

No145 2006/9/17 Fox(大統領)は政府機関万歳!と、Encinas(メキシコ市長)は人民主権万歳!と  叫ぶ。

Fox(大統領)は政府機関万歳!と、Encinas(メキシコ市長)は人民主権万歳!と
 叫ぶ。

              El Universal 9月16日新聞より

 Fox大統領は雨の中、政府機関万歳、民主主義万歳、メキシコ人の連合万歳と
 グアナファット ドローレス イダルゴで、独立記念の叫びした。
 一方、メキシコシティーで、メキシコEncinas市長が、人民主権万歳と叫んだ。

  ____________
 <おばちゃん的解説>
 長い大統領選挙その後、そして決定が9月6日選挙裁判所から、カルデロンが
 選ばれたと発表されたけれど、問題は解決された訳ではない。
  
  ロペス オブラドール派は、納得していない。
 
 Fox大統領は、独立記念の国立宮殿の鐘を今年は、叩く事を前日に諦め、
 イダルゴ神父のドローレスの教会で、鐘を叩く事にした。
 もし、メキシコシティーでやったとしても、メキシコシティーのソカロ
 広場を埋め尽くす大衆は、ほとんど、ロペス派である訳だから、けっして
 いい思いはしなかっただろうから、懸命な選択をしたという事である。

 そして、メキシコシティーでは、国立宮殿の鐘、独立記念日毎年必ず大統領
 によって叩かれるべき鐘は、百何十年叩かれてきた鐘は、鳴らずじまい。

 メキシコ市長のEncinasが、連邦区の建物から、独立万歳とともに、人民主権万歳と
 叫んだ。

 この事は、これからのメキシコの前途を感じさせる。

 今選挙で勝ったとされる次期大統領のカルデロンは、今、何かする度に
 ロペス オブラドールシンパに追っかけられ、最大級のセキュリティー
 の元行動している。

 選挙結果で、勝ったと言うカルデロンは、セキュリティーの壁の中。
 負けたと言う、ロペス オブラドールは、メキシコ人の大衆の中。
   
       9月16日 記





posted by おばちゃん at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006/4〜9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。