2006年10月24日

No.150 10/23 ピナニャータの輸出

ピナニャータの輸出           
El Universal10月21日新聞より

 メキシコの伝統的生産品が、アメリカで多く需要とされてる。

 メキシコ州 ネツアルコヨトルし エル ソル地区では、500以上の家族
が、ピニャータの生産に従事している。
その1家族は、アメリカに輸出もしている。

 Amenias Mendiolaとその家族は、20年以上この仕事をして
いるが、10年ほど前から、アメリカ輸出業者に勧められて、アメリカへの輸出用にもピニャータを生産するようになった。

 メキシコの伝統的ピニャータは、土鍋の星型のものであるが、アメリカへの
輸出品は、土鍋は危ないという政府の規制で、紙製の動物やピエロの形のものである。

アメリカでは売られている場所にもよるが、大体平均7ドルくらいで売られて
いる。

 _____________
 <おばちゃん的解説>
 メキシコへ来て、少し長く滞在した事のある人は、ピニャータをご存知
だと思うが、伝統的には、クリスマスの前のポサーダの時に欠かせないもの
である。
 
要するには、くすだまに、フルーツなどをいれて、皆で割って楽しむ。

 だが、今は、子供の誕生日パーティーにも欠かせない。
中にお菓子などをいれて割って、中から出てくるものをみんなで競って拾って楽しむ。

 アメリカの需要は、メキシコ移民が多いこともあって、このピニャータが欠かせないものになっているのだろう。

 メキシコには、ピニャータはともかく、地方には、独特の多く大変手間をかけた民芸品というのがある。

 もちろん旅行者はメキシコのお土産にこの民芸品というのを買ってゆくが。

 まあ、今の時代、手作りの手間暇かけてものは、その労賃と比較して、高く
売れるというものでもないがようだ。

 だが、メキシコの地方の先住民の人々が作ったそういう民芸品が、他の市場
にも、需要がある事があればいいのだが。。。。。。

               10月22日 記
 ピニャータについて
 メキシコのクリスマス

 子供の誕生会用ピニャータ

 ポサーダのピニャータ






posted by おばちゃん at 03:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 2006/10〜12
この記事へのコメント
ほんと尊敬しますよ ブログに書き込むネタが凄いっすね 毎日何紙読むんですか? 僕がメキシコにいた時は、レフォルマとウニベルサルを読んでいましたが と言っても、気になる記事ぐらいしか読まなかったですけど ホルナーダとか政治、経済色が強いのは、本当にメキシコのことを分かっていないとついていけないですよ 
 
ピニャータなどの民芸品は手間がかかっているのに 価格が安いって言うのが魅力ですけど それでも、僕たち日本人ってそこから値引こうとしますよね お金持ってるくせに たぶん日本人ぐらいじゃないですか とことん値引こうとする者は 
Posted by こば at 2006年10月24日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。