2012年04月18日

クリスティーナ フェルナンデスは石油会社を没収、国有化

「YPE会社(スペインの会社)は全て国(アルゼンチン)の物」これは明瞭な事。
脅しには一切答えません。

と、アルゼンチン大統領 クリスティーナ フェルナンデス

アルゼンチン大統領.jpg


ニュース元
http://www.jornada.unam.mx/2012/04/17/

《おばちゃんの偏見解説》
アルゼンチンのクリスティーナ フェルナンデス大統領、夫の前大統領の七光りで大統領になっただけだと思ったら、
なかなかやるねえ。

メキシコも1938年、ラサロ カルデナス大統領の石油会社没収があった事を思い出すメキシコ人は多いと思う。

メキシコは今、当時のカルデナスの頑張りに逆流していて、建前は国営の石油会社であるが、実際のところアメリカに相当牛耳られているし、
政府は、アルゼンチンと逆に、外資大歓迎です!の方針。

そして、メキシコは毎月毎月、ガソリンが値上がり。石油産出国なのに、ガソリン高い。ひどいもんだと思う。

そして、なんと、メキシコの大統領カルデロンは、アルゼンチン大統領の石油没収に異議を申し出た。
メキシコ大統領は、ラテンアメリカの味方というより、ヨーロッパやスペインやアメリカの忠犬か?
日本政府がアメリカの忠犬やってるみたいなもんかあ。



posted by おばちゃん at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。