2012年08月21日

国家選挙裁判所は、ロペス オブラドールの訴えを却下

http://blogs.cnnmexico.com/aristegui/2012/08/20/el-trife-rechaza-la-queja-de-lopez-obrador/#comment-


メキシコの政治機関は、皆、どうようもなく腐敗していている。
これだけ、証拠がでてきても、調べるどころか、不正選挙の片棒を担いでいる。

これからのメキシコの将来が真っ暗な気分。
言論の自由も侵されて、一部の支配者達が全てのメキシコをコントロールするような社会になっている。



posted by おばちゃん at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大統領選挙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。