2006年12月26日

No159 2006/12/24Mazahuas(メキシコ州のインディヘナの種族)は、水なしでいるより、牢獄を選択する。

Mazahuas(メキシコ州のインディヘナの種族)は、水なしでいるより、
    牢獄を選択する。


      El Universal 12月23日新聞より
 Mazahuasのインディヘナの女性たちは、水を要求して抗議する。
 水が与えられまで、屈服しない。
……

「当局は2004年、あなた達の要求があった時、もう、問題は解決
したと言っている。本当か?」
「2年間戦い続けてきた。本当のところ何もしてもらっていない。
   一部の援助はリーダーが取ってしまった」

 「貯水池のバルブを閉めるという行為は重大な犯罪になる、
  その認識がありますか?」
 「どうあろうと、要求は続くだろう。
  政府が要求を受け入れないなら、また、そうするだろう。
  水のない生活より、牢獄を選択する。」

「水の不足にどう向かいあっている?」
「Cutzamalaのシステムは、全ての水を都市に持っていってしまう。
 我々の水を我々がないというのは不正である。
 このような水のない生活はとっても、難しい。
 2キロの距離を毎日、ロバで水を運んでこなければならない。
 朝、自分が行き、午後、8歳の娘がそれをしている。」

「どうして政府は援助しないのだと思う?」
 「我々インディヘナには援助しない。我々の問題を取り上げようと
 しない。
 だが、私たちは、強く決意している。戦いは、この地区が変わるまで、
 全ての我々が水を得られるまで、続くだろう」

__________________
 <おばちゃん的解説>
メキシコ州のマサゥアのインディヘナは、メキシコ市とメキシコ州に水を
供給している巨大な貯水池の近くに住みながら、水がない生活、貧しい
生活を強いられいる。

メキシコでの水不足問題、水戦争は、もう、すでに始まっている。

このマサゥアの女性達の水要求の抗議運動は、前からで、何度も
メキシコ市までデモにもやってきている。
つまり、何年も全然、問題を解決してないという事である。

インディヘナの抵抗の戦いは、スペインがメキシコを侵略した時から、
形はいろいろでも、おこり、鎮圧され、また、抗議がおこり、政府に相手
にされず、ほっておかれと、続いてきているのだろう。

それは、今なお貧しい生活を強いられている人々の、形は違っても
抵抗の運動として、起こり得る。

もとを正せば、オアハカ問題しかり、サパティスタ問題しかりである。

オアハカ問題が、警察予備軍の導入によって、解決したと解釈して
いる人も多いようだが、決して、私はそうは思わない。

今度のメキシコ政府は、社会運動を力で押さえつけて行こうという姿勢が
見え隠れする。

人々は押さえつけられて、黙従するか?
一時的には、そうなっても、虐げられ弾圧された者も、決していつもでも
黙ってはいないだろう。
いつか、きっと、目を覚まし、立ち上がる。

マサゥアの女性たちが、
「水がない生活をするより、牢獄にいれられようと。。。」

サパティスタのインディヘナの人々が
 「飢餓で死ぬより戦って死ぬ」
と言ったように。

生きて行く上で最低のものが得られない限り、世の中の不正がなくならない限り
人々は立ち上がるだろう。

   12月23日 記




posted by おばちゃん at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006/10〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。