2007年01月05日

......そして、名前さえ失って。

......そして、名前さえ失って。
  
      El Universal 新聞07/01/04より

 2000年から、2006年11月6日までにアメリカとの国境で、不法アメリカ入国を試みて死んだメキシコ人は2116人、そのうち774人が人物不明のまま。

 何百人というメキシコ人がJohn Doe Jane Doe(姓名不明)とナンバーだけがレンガに書かれて、国境に小さな村に埋められている。



 

 アメリカへの不法侵入のメキシコ人は、FOX大統領政権の間に最高に増えたと。
 そして、ますます、アメリカ側の規制は厳しく、死人も増えている。

 それでも、アメリカンドリームを持ってアメリカへ行こうという人が後を絶たない。

それは、メキシコで生活できないから、メキシコで仕事がないから、メキシコで生きる糧がないから。。。。

なんと悲しい現実。
なんと情けないメキシコ政府




posted by おばちゃん at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ記載なし記事07/01〜07/03
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。