2007年02月09日

アメリカがウーゴ サンチェスのデビューをめちゃめちゃにした。

アメリカがウーゴ サンチェスのデビューをめちゃめちゃにした。

 El Gráfico 2月8日新聞より

 ウーゴ サンチェスのメキシコ監督としてのデビュー試合であったが、少しのチャンスも点にならなく、2−0で負けた。
 アメリカへの屈辱戦であったはずなのだが、ウーゴ サンチェは、メキシコサッカーの象徴であるはずだから、メキシコ人の期待は大きかったのだが。。。

あるテレビのコメンターが、トルティージャの値段以上にショックだったメキシコ人も多かったはずと。。。




posted by おばちゃん at 06:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | メルマガ記載なし記事07/01〜07/03
この記事へのコメント
アメリカは、凄く強くなってきてますから 負けるのは致し方ないかもしれないけど ウーゴ サンチェスを監督にしたのが間違えじゃないですかね? 個人的に思うには、なぜもう少し学ぼうとする気持ちがないのかな?って思います そういう姿勢がアメリカからは伝わってきますけどね 
日本も同じく学ぼうとする姿勢があるからこそ良いチームになったのでは
Posted by こば at 2007年02月10日 13:26
そう、今後、ウーゴ サンチェスが、国民の期待に答えられるかどうか?
うー、ちょっと、分らないねえ。
過去の自分の実績があるからって、監督として、どうかは、ちょっとわからない。

unamの監督やってた時も、一回は、メキシコ一になれたけど、その後は、ダメだったよね、確か。
Posted by おばちゃん at 2007年02月11日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。