2007年08月27日

 メキシコ空港で警察犬が盗まれる。

8月26日 El Universal新聞より

 麻薬探知に教育された国家治安省の犬がメキシコ国際空港で盗まれ調査中

 pastor belga mallinois の犬で、この種類の犬は子犬でも5000〜6000ペソする犬である。

 盗まれたPexWは他の6匹の犬と一緒に、マサトランでの仕事のために
空港から送られるはずであった。

他の犬は到着したが、PexWの犬檻にPexWの代わりに黒い子犬が入れられていた。

荷物輸送会社の職員は、不明人物の要求で犬の交換をした事を証言した。


追加
 その後、無事アレックス帰るだそうです。

  cnn記事へ




あなたの転職・キャリアアップを専任スタッフがサポートします!






おばちゃんのコメント

えー、これって、誰だ盗だやつ。
もちろん、この盗んだ犬を使ってなにかしようってんだろう。
新聞では、麻薬関係の人の仕業ではないか?って。

麻薬関係人が使うって?彼らは、麻薬隠したいんだから、探知されたら、困るんじゃないの?

悪に利用される動物もいたりするんだよね。

犬なんて、利口でいろんな善行の仕事する犬がいっぱいいるんだけど。
人間の利用でよくも悪くもなるなんて。。。

それにしても、代わりに子犬を入れとくなんてさあ。。




posted by おばちゃん at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ記載なし記事07/04〜09
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。