2007年08月28日

コカコーラZeroは発ガン物質を含んでいる。

8月27日 El Universal新聞より
メキシコで売られているコカコーラZeroには、アメリカで
40年前から禁止されている甘味料の発ガン物資を含んでいる。

355mlの子過去ー他Zeroに100gにつき25mgのciclamoto
(日本語が分からない)が入っている。

人間は一日に各1キロの体重につきciclamoto11mg以上摂ってはいけない。
ダイエット食品を沢山摂ることは、ciclamotoを沢山摂ることになる。

特に妊娠した人、子供は摂るべきではない。
ciclamotはカロリーはゼロだが、普通の砂糖の甘味の600倍の甘さになる。
おばちゃんのコメント

アメリカで禁止されているものが、メキシコでは、どうどうと使われている。

メキシコ人、太っていて、本当にすべきダイエット、食事の改善とかしないくせに
ダイエットコークなんぞ、ガボガボ飲む。

太って糖尿で死ぬか?癌で死ぬか?
救われないねえ。




posted by おばちゃん at 04:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | メルマガ記載なし記事07/04〜09
この記事へのコメント
救われないね・・・って、
役に立たない人間が多いから、もしくは頭脳が
極めて動物に近い人間が多いから・・・

救われないほうが・・・本人のためかも???

Posted by 秘密 at 2007年09月29日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。