2007年09月30日

リベラの壁画、人々の間近に。No.173

リベラの壁画、人々の間近に。
   El Universal 9月27日新聞より

 フリーだの生誕祭の次はレベラの番。
今夜(9月27日)カルデロン大統領によってオープン式が開かれる。

170くらいの作品が展示、そのうち23は、移動可能な壁画であり
個人の家を飾るために作られた作品などもあり、また海外で絵がかられたものもある。

その中には1931年ニューヨークのメトロポリタン博物館の11のパネルの作品のうち、火事で残った5個のパネルの作品や、
1933年 NEW WOEKERS SCHOOLのためのアメリカ肖像シリーズ、
レフォルマ ホテルのために描かれた絵 そのひとつは、個人所有で、
2週間前にその所在が分かったものなどがある。

間近に、人々がインスルヘンテス劇場のカンティンファラとエミリアーノ サパタのモザイクの壁画を見られるのも唯一の機会だろう。

チャピンゴ、旧コレヒオ サン イルデフォンソ博物館、文部省などの
壁画の作成工程についての説明なども展示。

    _____________

モスクワからメキシコへ

   El Universal 9月27日新聞より

2000年まで、Gloriosa Victoria (輝かしい勝利)の壁画は、モスクワのPushikin博物館の倉庫にあった。
それが、今回メキシコで初めて展示される。
 2×5m 1954年に描かれた作品
これは、アメリカのグアテマラ侵入の非難する目的で描かれたもの。

最後1956年にベルソビアで展示されたのが唯一で、最後であった。
その後、リベラが前ソ連に寄贈したもの。

_________________________________

 <おばちゃん的解説>
 フリーダ展は、すごい人気だった。
 今度はリベラ展。レベラ没後50周年記念展である。
また、この機会を逃したら、見れらない作品も展示されるという。
楽しみ。

Gloriosa Victoria の作品は、行方不明になっていたというもの。
リベラがソ連に寄贈したものという訳だけど、そのリベラの価値が分からない
他所様の国に贈っても、倉庫に眠っていて公開される事もなかったと。

確か、中国に贈ったものは、破壊されてしまっただろう?で所在不明。
下書きだけ、メキシコシティーの博物館で公開されたけど。

フリーダが車椅子で、死ぬ少し前、アメリカのグアテマラ侵入抗議デモに参加したというのもあった




posted by おばちゃん at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007/1〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

【 壁画 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: 壁画に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-09-30 06:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。