2007年10月14日

F1の速度のフィエスタのレフォルマ大通りの準備が完了

La Jornada 10月13日新聞より

ロードショーの組織者ルノールのメキシコ社長のAlonso Monrealは、
二度と経験できない事だと。


その費用は、約100万ドルと。
でも観客はタダである。

観客が楽しんでほしいと。

F1の熱狂者もいるだろうがそうでない人々も多いと思うが、
F1の意味するところのものを知って、興味をもってもらえたらいい。
スピードの騒音を聞くこと、どのようにアクセルとブレーキを操作するか見る
事。それのコンビネーリョンである。
あるひとつ違うものを見ることに人々が満足する事を期待している。

車のデモステレーションは日曜日11時に始まる。
クラシック車やスポーツ車などのデモンストレーションなども。







おばちゃんのコメント

そうか、ルノールの提供かあ?
でも、クラシックも見れるっていうし、見れるかどうか、本当は分からないけど。
って、また、人の頭しか見えないって事になるかもで。。。。

でも行ってみるか。また、野次馬だって?家族に言われてるけど。






posted by おばちゃん at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ記載なし記事07/10〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。