2007年10月23日

ONUはアメリカ大陸の大災害の危険について注意

 ☆☆おばちゃんの偏見メキシコニュース解説No.174☆☆☆
           2007年10月22日発行
ONUはアメリカ大陸の大災害の危険について注意


El Unibersal 10月22日新聞より

 世界人口の14%が住むアメリカ大陸の重大危険災害について言明、特に
ハリケーン。
その上、メキシコシティーなどの都市は、地震、火山、洪水の危険がある。

ラテンアメリカやカリベ地区で、病院などの施設があるのが殆ど、危険地区
にあり、実際5%の病院など、つまりそれは、100病院 650の保健施設が
ここ20年の間に自然災害で破壊されている。

近年のもっとも大きな災害はハリケーンによるもので、
1998年  Mitch で中央アメリカで2万の死者。
Katrinaは、アメリカ史上最大の経済的被害を記録した。
。。。。。。。

________

<おばちゃん的解説>
ここは、メキシコの新聞だから、アメリカ大陸の自然災害について取り上げて
いるけど、世界何処でも、危険はいっぱい。

私たちの今の状況は、いつ、地震や台風などにあっても不思議でない。
いつでも、何処だって、危険と隣り合わせで、生きていかなくちゃあの状況
ですよね。

今、新聞で、チャパスに洪水危険情報が出ているけど、チャパスのお友達
の事、気にしてます。



【エントリーして留学費用サポート】あなたの夢の実現に!サクシーオ






posted by おばちゃん at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007/1〜12
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。