2008年06月09日

見えない事のないように、裸になる。

2008年6月8日 El Unversal新聞より

そうして、レフォルマ大通りからセントロ歴史地区を自転車に乗ってゆく。
服を着ていると、いつも、見られない。
この時は、皆見られた。ほとんど裸か、下着だけ。体に絵を描いて。

だいたい200人ほどの自転車のりの人。
これは世界的な運動で、自転車の公害のない効用を訴えて。
それだけでなく、この国の自動車などの道路道徳の悪さについても。

メキシコ市政府は、自転車のお勧めで、日曜日は、レフォルマ大通りは自転車道路になるけど。

なかなか、自動車に変えて自転車を生活の中で使うのは、定着が難しいようだ。

裸で自転車に乗ってだったら、皆に見られて、少なくとも、その目的は達成した事は確かだ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。