2008年12月14日

メキシコで30年行方不明であった岡本太郎の壁画が東京に展示される。

メキシコで30年行方不明であった岡本太郎の壁画が東京に展示される。
    El Universal 12月13日新聞より

岡本太郎によってメキシコで描かれた壁画が東京渋谷駅に永遠に公開
される。

“明日の神話”
 原爆がまさに炸裂する瞬間。被爆している人々。
 赤と黄色の光の流れが、突風の形で暗い空に突き刺さっている。
 それは、1945年の広島、長崎の原爆の光景を暗示する。

30年以上行方不明であったが、岡本とし子氏の熱心な捜索によって
2003年建築材料倉庫で発見された。
それは大変破損していたが、日本に運ばれ、修復され、最終的に
渋谷駅に今月の初めに展示された。

____
 <おばちゃん的解説>
渋谷駅は一日に230万からのひと乗降する駅であると。
という事は、そこを通る人が、日々この壁画を目にすると言う事で
ある。
この事はすごく素晴らしい事と思う。

それは、日本の画家岡本太郎が壁画の国メキシコで描いた壁画である。

メキシコの革命戦争後始まった壁画運動というものの趣旨は、
全ての大衆に作者のイデオロギー、メッセージを壁画を通して
伝えようというものである。

その意味で、岡本太郎の壁画が美術館などでなく渋谷駅に置かれた
というには、このメキシコの壁画運動の趣旨をついでいると
言えるだろう。

日々そこを通る人々に一瞬なりとも岡本太郎の描いた広島と長崎に
落とされた原爆への深い思いが伝わる事であろう。
 
----
追記:
 http://blog.hankyu-travel.com/kaigai/00300/00303/2008/004387.php

ここに、岡本太郎が描いた当時に撮った壁画の写真がお友達から
お借りして貼ってあります。
興味がありましたら、是非ごらんください。




自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)





ラベル:岡本太郎
posted by おばちゃん at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

Granados Chapaは、市民の自由の強化と大赦の法を発する事を要求する

Granados Chapaは、市民の自由の強化と大赦の法を発する事を要求する。

  La Jornada 10月8日新聞より

Belisario Dominguez賞を受賞して、権力主義の傾向について警告する。

カルデロン大統領のいる前で、ミゲル アンヘル グラナドスは
、権力主義の傾向増加、社会抗議の犯罪化、当局への反対者に対して
だけでなく、市民が権利を主張することにたいしても、guerra sucia
(汚い戦争)の傾向の増加を警告する。

+++++++
<おばちゃん的解説>
ベリサリオ ドミンゲス賞を貰う価値ある人ですねえ。
メキシコはジャーナリストにとってとっても危険な国と言われている。
それは、麻薬団によるものと政府当局によるものと両方だろう。

お抱えジャーナリストは兎も角、真実を伝えようとするジャーナリスト
などにとっては、やっぱり危険いっぱいの国らしい。

今年は68年トラテロルコ事件があって40年の年であった。
だが、あのguerra suciaはなんの解決もせず、今も続いている?

先日は、最優秀学生の受賞式に、カルデロン大統領が演説している
まっ最中に「偽者!」と叫んだ受賞学生がいて、議論の的になった。

まあ、大統領はそれを聞いて、「ほら、言論の自由があるだろう」とか
言ったりしたが。
その後、その学生、やっぱり引っ張られた、すぐ開放されたけど。

確かに、昔は大統領の悪口は言えないというのが本当だったが、
今は大統領の悪口は言えるようだが、それで、権力主義がなくなったとは
言えないだろうし、グラナドス  チャパが抗議しているように
権力主義傾向増加しているというのは真実だと思う。

人殺しをしても、すぐ、自由の身になるやつもいるのに、
政府に抗議をしたというのでアテンコの農民の指導者は、何十年刑だったけ? 
あの刑だと、死んでも、まだ服役していなくちゃあならないの刑だ。
あれは政府の復讐としか思えないねえ。


今、そしてこれから、メキシコはとっても、大変。
今日のドルは、急激に13ドル以上。
でも多分、またドルは下がるだろうが。。。。。
ドルの大金持っていたら、早速両替に行きたいところだけど。
なしなしでは、なんともしょうがないけど。

ドルが維持できるアメリカ経済では、もうないだろうから、
でも、それでもペソが下がるってのは、アメリカ経済が肺炎なら、
メキシコ経済は瀕死って事?
誰か言ったよね確か、アメリカが肺炎でも、メキシコは風邪ですむって。
ほんとかいな?


それにしても、インフレになるのは、ますます、ありありで、
また、アメリカで職を失ってメキシコに帰ってくる人も増えるだろうし、
でも仕事ないだろうし。

あまり考えたくないけど、不安材料ばかり。。。。

楽しくないメルマガ書くと、嫌われる傾向ありってのは知ってるし、
私のメルマガも、ほって置くと、みんな、解除もほっておいてくれるけど
たまに発行すると、どっと解除されたりするかもです。

でもでも、メルマガ怠けていたけど、愛着あるから、続けます。
これからもよろしくです!





posted by おばちゃん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

オリンピックに天使のコピーを送る。No.192 

オリンピックに天使のコピーを送る。
   El Universal 7月30日

メキシコ市にアジアの観光客を呼びよせる___メキシコ市観光局

昨日独立記念塔の天使のコピーがメキシコ市政府によって、
中国に送られた。
北京の8月8日からのオリンピック中飾られる。
24金のメッキのブロンズ像が飛行機便で送られた。送料2000ドル
この費用は広告費を考えたら安いとメキシコ市政府。

オリンピックが終わった後、中国にしばらく置かれた後、最終的に
香港にもって行かれる。

中国人の観光客は今世界の観光の目玉になっている。
メキシコ市は中国の観光客を呼び寄せる事ができるだろう。

2010年には、あと4つコピーを作って、ヨーロッパ、アフリカ、
オセアニア、アメリカに送る予定である。

もう一つコピーをつくりそれは、メキシコの国中の色んな町を巡回
するようにする。

_____________――――

<おばちゃん的解説>
はあ?効果あるか?メキシコ市政府の目論見。
確かに、今、中国の観光客多くなってるねえ。
中国の人、貧しい人もメキシコ同様に多いけど、景気いいから、
金持ちも増えてるって事でしょうね。

おばちゃんとしては、日本に送って、日本の観光客に大勢来て
欲しいって思うけど、そしたら、おばちゃんにも恩恵が回って
くるってもんだけどねえ。

それにしても、そんなにコピー作らなくっても。。。。って思うけど。

posted by おばちゃん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

51人のメキシコ人が冷蔵車で見つかる。No191

51人のメキシコ人が冷蔵車で見つかる。
  La Jornada 5月30日新聞
 
アボカドの荷の中に人間の匂いを認知したポリス犬によって、
トラックの後部に山積みになっていたのを見つけれれた。

51名の中に5歳の子供もいた。
アメリカのラレドとメキシコのヌエボラレドの国境の北の地で。

トラックの冷蔵車の中は17度c

アメリカの国境警備が厳しくなったため、不法移民は、国境越えに、
もっと危険で、もっと手の込んだ方法を取らなければならなくなった。
1994年以来、4500人くらいのメキシコ人が、国境越えを試みて
死んでいる。

______

<おばちゃん的解説>
本当に悲しい現実。
仕事がないメキシコ。
生きてゆく唯一の方法と思い、命がけでアメリカへ不法移民しようとする人々。
悲しいアメリカンドリーム。
posted by おばちゃん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ファーレス市で、脅迫が日常生活を麻痺させる。NO190



 ファーレス市で、脅迫が日常生活を麻痺させる。
     El Universal 5月24日新聞より

闘牛音、楽、芸術イベントが、犯罪組織の活動で週末最も激しい残酷な犯罪が
あるだろうと言うインターネットの予告メッセージの流布で、中止された。

昨日、市内で10人の暗殺があったことで、学校によっては、メインストリートは
通らないようにと、犯罪に巻き込まれる可能性があると言う理由で、
保護者に伝えられた。

闘牛協会は特別の避けられない理由でイベントは中止と伝え、切符の払い戻しを
はじめた。

商工会議所の資料によると、レストランその他サービス業の業績は40%にも
落ち込んだと。

となりのアメリカ側 テキサス エル パソの市当局は、住民にファーレス市に
行かないように勧告。

唯一影響を受けなかったのは、サッカー。
木曜日のインディオとレオンの試合に2万人以上のサッカー好きが2万2千人収容の
サッカー球戯場に押しかけた。

_____________________
<おばちゃん的解説>
今、メキシコの治安問題で、麻薬組織の戦いがますます深刻な問題になっている

毎日、何人がやられたのニュース。
特にチワワ州 ファーレス市は、前々から、世界に名を馳せた場所。
何故に有名になったかというと、何百人のもの女性が、殺され、また行方不明に
なっているという事で。

今のカルデロン大統領は、麻薬撲滅という大看板を掲げ、軍隊を総動員して、
それをしていると言ったところなのかもしれないが、まったく逆にますます、
この関係で殺される人々が増えている。
日常茶飯事に、犯罪死者の写真が新聞に載っていたりする。

観光のお客さんが、コンビニで新聞の写真を見て
 「あれってなんですか?」
新聞によっては、本当にデカデカなんですものねえ。
私はなんと答えたらいいのか?辛いところです。
posted by おばちゃん at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

偽造紙幣が、211000人にあたった。No.189

偽造紙幣が、211000人にあたった。
 EL Univeresal 5月16日新聞より


メキシコ銀行によると、昨年中に偽造紙幣211000枚を数えた。
人々は銀行に責任を問うべきである。
2007年6月から2008年4月までに、395件の偽造紙片は銀行の窓口
および、自動現金引き出し機で、出されたものである。
そのうち、259件偽造紙幣への銀行の対応があったが、
30件は、偽造紙幣との交換を拒否され、70件は未解決のままである。

Banamexが最も偽造紙幣の支払いが多く、107件、HSBCが次ぎで、87件
Scociabank 60件、とのメキシコ銀行資料

紙幣の偽造増加率は、去年 31.3%の増加
その合計は50,000,000ペソ

メキシコシティー 42% ハリスコ州 10% ヌエボ レオン 6%である。

メキシコ造幣局によると、メキシコの偽造紙幣は大変低級であると。

貨幣偽造罪は、5年の刑である。

もし、偽造紙幣に当たってしまったら、当局に申告するように、問題
解決に努めると。
ただし、20日間、紙幣が真偽か判定するのに、時間がかかる。

200ペソが最も偽造されている。


 <おばちゃん的解説>
 そう、偽造紙幣は、溢れてるらしい。
だから、何処でも、紙幣を受ける時、透かしたり、偽造紙幣をチェックできるペン風のものでチェックを怠らないお店や商売人が多い。

だが、銀行たるものが、偽造紙幣をチェックしてるのか?
してないのか?、
平気で、出していて、しかも、文句を言われても、もう、知らない!
もう、一旦渡したものは、知らない!

気をつけなくちゃあ!
みなさんも、メキシコで紙幣を受け取る時は、気をつけてね。
チェック用ペン風を持ち歩いて、チェックというのもなかなか
出来ないけど、
少なくとも、紙幣を受け取る時、擦り切れたようなお札、破れかけたようなお札を受け取らない。

造幣局がいうように、たぶん偽造札は、出来があまりよくなく、紙も粗雑な紙なので、破れやすく、すぐ汚くなり易いようだから。

そんなお札を出されたら、これは受け取れないとはっきりその場で
言う事。
そんなお札は、今度自分が使おうと思っても、大概、何処でも
受け取って貰えないしするからね。

私は今の所、偽札に、当たった事ないけど、(ちょっとは注意してる)
日本から来た方で、遭ったって、どうしましょう?と言われた事が前にあった。
その時は、じゃあ、私が使ってみるから。と、やっちゃった。
まあ、お札が50ペソだったから、使いやすかったけど。
個人の人に当てるのは、その人も気の毒で、同じ思いをするから、
高速の料金所で使った。
簡単に受け取ってくれた。

みんなこうやって使っているし、そうやって出回っている偽札である。
小さい紙幣は、それでも、何とかなるが、高額の偽札は当たったら、
使うのは難しい。
メキシコの人は、何処でも、特に高額のお札は、偽札を受け取ると、
あと自分が損するはめになるから、気をつけて必ずチェックするから。

それにしても、偽造製造犯罪の刑罰が、たった5年とは!

偽札 ↓
http://blog.livedoor.jp/tiamexico/archives/50937326.html
posted by おばちゃん at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

オルメカの頭 : 詐欺の歴史  no.188

オルメカの頭 : 詐欺の歴史 

  El Universal  5月12日新聞より

 ヨーロッパで展示され、2000万ドルでドイツの収集家によって
買われた
この石彫が、贋造された証拠写真がある。

現在までに17個のオルメカの頭の石彫がある。
もう一つ メキシコから遠く、ドイツかスイスの何処かに。

それは、97cm高さ、78cm正面 67cm奥行き
で玄武岩で作られたもので、1997年、ヨーロッパで展示され 
1999年2000万ドルの価値があるとされ、ドイツの収集家に
何千ユーローで買われたもの。

ただ、この頭は贋造品である。

贋造製作者は、アルゼンチン出身のメキシコ人 Luis Ernersto Bianchi Salbitano であるが、
5年前にベラクルス サン アンドレス トゥクストラで死んでいた。

-----------------

オルメカの頭は贋物であるだろうと専門家
El Universal  5月12日新聞より

UNAMの考古学者Ann Cypghesはこの石彫は他のものと違う点がある。
耳が正しくない、唇がかなづちで叩いたようである。目に虹彩が
ない、etc
サン ロレンソで発見したと言うが、それを運び出すには、20の村
を通らなければならない。
人々は、大きなものが運ばれるならそれを知っているはずだが、そんな話は聞いた事がない。

また、オルメカ、マヤ学の専門家Michel Coe は石彫のイメージをみて。
「確実に贋物である。」と。
サン ロレンソや ラ ベンタの知られているオルメカの頭は必ず、
目の虹彩の線が描かれている。
だが、これにはない。誰が作ったものにしても、製作者は絶大な
間違いを犯した。

贋物製作者Luis Bianchiは、5年前に死んでいたが、彼は、
儲けたお金で、15haの土地を買い、植物を植え、植物園を作った。

2006年、その2haは、現在 サン アンドレス トゥクストラ で Luis Bianchi公園となっている。


_______________________
<おばちゃん的解説>
世の中にオルメカの頭だけでなく、色んなものに贋物があるんだろう
けど、贋物と分かれば、兎も角、分からないで本物と思われてる
ものだってあるだろう。

そういえばテイオテワカンの物売りで、土偶ぽいものを見せて
「本物だ!買ってくれ。」っていう人がいなくなったね最近。

前に、何処かの外国の観光客が空港で捕まったってあったね。
メキシコの地で見つかった考古学的遺品は全て国のものである
という事で、売るのも買うのも違法だという法律なんだけど。

どうして、じゃあ、本物という事で、外国で売られることが
できるんだ?
いったん、持ち出されたものは、盗まれた物でも、堂々と
売ったりするんだよね。

実際、考えてみれば、昔は、外国人がメキシコの考古学の遺物を皆、
メキシコから持ち去ってる。

結構なものが外国の博物館にあるんだよね。
イギリスや、アメリカ スペイン etcの博物館にもね。

それでも、贋物の製作者、現地に少しは貢献したって事になるのかな?



posted by おばちゃん at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

コロンビア大使はNarro(メキシコ国立自治大学総長)にウリベ (コロンビア大統領)を非難するのではなく、学生を非難すべきと、要請 No.188

コロンビア大使はNarro(メキシコ国立自治大学総長)にウリベ
(コロンビア大統領)を非難するのではなく、学生を非難すべきと、要請

  La Jornada 4月24日新聞より

 コロンビア左派ゲリラ Raul Reyesのゲリラ基地は大学の
構内ではない、コロンビアにたいするテロが行われているところである。
――コロンビア大使

コロンビア大統領ウリベはメキシコ人学生が、エクワドールの領地で
コロンビア左派ゲリラ Raul Reyesの基地がコロンビア政府の
攻撃で、死亡した事に関して、ゲリラグループの仲間であるから、
死亡したのは仕方ないことである表明をした。

Raul ReyesのFARCの基地は大学構内ではなくゲリラの
基地でありそこで殺されたメキシコ人学生は当然テロリストである
というコロンビア大使の言い分である。

コロンビア大使Osorioはコロンビアで右派ゲリラとけったくして、
何千人の死者行方不明者をだした事件に関わった政治家というので、
数ヶ月前、Rosario Ibarra
(おばちゃんコメント――メキシコの60年代70年代のGuerra 
Sucio時代に息子を当時失い、その裁判、解明を訴え続ける政治家)

が、メキシコのコロンビア大使として認める事に反対表明をした。

UNAMはきっぱりとOsarioコロンビア大使の干渉の薦めに反対表明。
_________________



<おばちゃん的解説>
 3月1日、エクワドールの領地にあった左派ゲリラのFARCの基地を
エクワドールに通告する事なく、攻撃して、それは、エクワドールとの
国際問題に発展した。

その攻撃で、その基地にいたメキシコ人のUNAMやポリテクニコ大学の
学生5人が死亡、一人が怪我をしたというものである。

これに関して、一部のメディアさえ、学生にたいしてテロリスト
発言をして、バッシングがあった。
これに対して、メキシコ大学は、常に、学生擁護の立場で反撃してきた。

昨日、今日のコロンビアニュースで、ウリベ大統領の従兄弟、マリオ 
ウリベが、コスタリカ大使館に政治亡命を訴えて、コスタリカ大使館に
いたが、コスタリカ受け入れ拒否で、コロンビアで捕まったというニュース。

彼は、コロンビア大使Osorioと同じで、コロンビア右派ゲリラと
結託して、コロンビアで多くの死者を出した事件に関わった疑いで、
コロンビア検察に捕らえられたというものである。

また、ウリベ大統領自身、これに関わったという疑いが持たれていると。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2382218/2858058

今、南米では、コロンビアが唯一、アメリカ贔屓の政権である。
このエクワドール領地でのゲリラ基地攻撃のバックには、アメリカが
いるのは、当然の事実である。

今、南米は、変わろうとしている。
それは、常にアメリカに介入され続け、一部の特権階級の人だけのための
政治が行われ、あまりにも貧しい人々の多いラテンアメリカの国々の
現実と歴史を少しでも、知ってみると当然の結果と言えるだろう。

おばちゃんの意見では、メキシコは最右派のまだ、すっかりアメリカ
贔屓の一部の特権階級の金持ちへのため政治汚職政治が行われている事を
残念に思う。

(昨日のニュースを聞いていたら、メキシコは、世界で汚職政治の
ナンバー2と。)

コロンビアの検察庁が、ウリベ大統領の従兄弟を捕らえ裁判にかけるとして、
正しい裁判が行われるとしたら、コロンビアも変わるのかもしれない。



大手サロンも採用 ムダ毛が薄くなる抑毛ジェル

posted by おばちゃん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lulaは、アメリカやヨーロッパ連合の国々は国家農業補助金を止めるように要求するNo.187☆2008年4月22日発行

Lulaは、アメリカやヨーロッパ連合の国々は国家農業補助金を止めるように要求する


    La Jornada新聞4月21日より

 ブラジル大統領Lulaと、国連総長Ban Ki Moonは日曜日の
ONU会議の開会式で、食料危機の警告をした。

国際経済は、強国の国家補助金に原因する危機に直面している。
貧しい国がそのツケ支払うべきではない。
この巨大な国家補助は生産者自身に麻薬のような役割になり、最大の被害者は
貧しい国々の農業者である。

また、Ban Ki Moonは、食料危機は、危機のなだれ現象を
起こす恐れを表明した。
それは、今のリズムで食料価格の上昇が続けば、世界成長と安全に、
危機に直面する。

もう、一刻も待てない。
国際社会は、政治と安全がもっとも深刻になるのを防ぐために緊急に対策する
必要がある。

食料価格の上昇は飢餓と貧困をますます増加させる。
今アジア、アフリカ、ラテンアメリカで食料への抗議がおこっている。
________________________________________

 
<おばちゃん的解説>
アメリカなどは、トウモロコシでエタノールを作るために、多大な国家補助金を
、出している。
そのことを指している訳である。

去年、メキシコもその影響で、トルティージャデモが起こった。
そして、一年、トルティージャの値段はコントロールされてきたが、
ここになって、また、業者は、6月くらいにトルティージャの値上がりがある事

示唆している。

金持ちの国、先進国と言う国々が自分達だけのエゴで、政治をしている。
これは事実だ。
特にアメリカなどは国連さえ無視する国だからねえ。

国連にももっと頑張って、貰いたいものだよね。








ラベル:食料問題
posted by おばちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

チャべスは、何故シンプソン発禁したか?NO.186

チャべスは、何故シンプソン発禁したか?
   El Universal 4月11日新聞より

 フィンクッション オメロ シンプソンがベネズエラのチャべス大統領に
ウランを売ろうとしたが、物が紛失した。

 現実 アメリカの人気テレビアニメ アメリカの典型的なしかし変な家族
シンプソンのテレビアニメを、放映することを禁止したという事。
それは、子供のために適切でないという主張である。

本当の理由は?

オメロと他のアニメの人物が、しばしば、ミリタルの格好をしたチャべスや、
キューバの病み上がりのカストロなどを笑い者にしているから?

そんないわゆる逸話は兎も角、
ベネズエラの表現の自由制限という疑いである。

シンプソンのアニメがテレビ番組から消えるという事は、チャべスの
メディアコントロールが大きくなっているという事であろう。
___________________

<おばちゃん的解説>
シンプソンのアニメ 娘が好きなアニメであるが、私も好きで時々見る。

子供のためのアニメというより、実に大人が見ても面白いアニメである。
その含蓄ある皮肉、批判で政治、社会風刺アニメとも言える。

それが、チャべス政権で、発禁になったと。

チャべスは、人騒がせな発言をして、しばしば、世界の国々、特にアメリカ寄り

国々から批判もされるが、また、真実も言うと思うが。

右派的政治でも左派的政治でも、極端になると、本当の民主主義でなくなるとい
うのが
しばしばある。
政府によって、国民がコントロールされたり、表現の自由やメディアの自由
が犯される政治、国に大きな不安を感じる。

これは、右派的政治の国でも左派的政治の国でも同じである。

報道、メディアというのは、大きな影響力を持つ、それがコントロールされる
事は、自由な国ではなくなると言う事でもある。

日本はその点安心?と思う??
私の目から見ると、日本のメディア、報道でさえ、アメリカ寄りの、アメリカ
の目を通しての報道であったりする事がしばしばあると思うけど。

それにしても、シンプソンアニメを発禁にするとは!
チャべスもそのうち、今もそうだけど、独裁者になるね。




1st.水虫

木酢液を使った水虫対策グッズを販売しています。

効果なき場合の返金制度が完備しています。

ラベル:ベネズエラ
posted by おばちゃん at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

カンペチェにチュパカブラ再出現 No.185

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           ≪来たれ、平成の松下村塾へ!≫
  【大前研一1994年創設】 市民のための政策学校 NPO法人「一新塾」
 -------------------------------------------------------------------
      2008年5月25日 第22期開講 塾生募集!
    【社会起業】【政策提言】【NPO設立】を平日夜間土日で学ぶ
   〜 説明会・春のイベント開催中!(東京・大阪・名古屋・福岡)〜
 -------------------------------------------------------------------
   今すぐクリック!→ http://www.mailad-search.com/cct/index.php?id=809

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



カンペチェにチュパカブラ再出現
  
   El Universal 4月4日新聞より

アウレリオ トマイ氏が自宅の庭でものすごい騒ぎとほえ声をきいた。
そこで、チュパカブラが、再出現して、8羽のニワトリと1羽の七面鳥を
吸血して死なせたと。

鳥小屋の鳥は鳥小屋の中にいて、そこに変なヤツがやってきて、鳥の血を吸い、
その痕跡を残さず逃げたと。
たった1羽のニワトリだけ生き残ったと。

トマイ氏が言うに、先週の日曜日の早朝に、ものすごい騒ぎを聞いて
何事かと出てみると、
薄明かりの中に変わった形の動物が、急いで遠ざかってゆくのが
見えたと。

近所の人々は、それはチュパカブラだと、何故なら、やり方が何年も前に
国のあっちこっちであったチュパカブラのやり方と同じやり方だからと。

チャンポトンの人々は、また、チュパカブラに襲われないための方策を
おこなっている、また、チュパカブラらしいやつを捕らえるために夜、
町見回り組みを結成した。

____________________________________


<おばちゃん的解説>
チュパカブラって、ご存知ですか?
メキシコや多分、州南米では、有名なんですよね。もう、何年も前になるけど、
あっちこっちで、家畜の血を吸って家畜を死なせる不可解な動物かなにかが出て

沢山の被害を出した。

何なのか分からないが、肉を食いちぎるのではなく、吸血すると言うので、
チュッパカブラ(ヤギの血を吸うもの)と名づけられた謎の怪獣です。

結局当時、その謎の怪獣だか動物が何なのか、不明のまま、いつかあまり
現れないようになり、最近は、
チュパカブラの被害は聞かなかったように思うけど。

謎で、いろいろ言い騒がれたのですが、
それで、何かと言うと、例えば、子供が言う事を聞かなかったりすると、
チュパカブラに血を吸われぞ!なんて、脅しにしたりとか。
子供への脅しだけでない、結構何か分からないというのもあって恐れられ
たんだけど、それが、また再現したと?

いったい何なのか分からない謎の生物というので、それが、宇宙人だとか、
アメリカが作った実験生物兵器説、奇怪動物説などなど、
いろいろあったようですが。

いったい、何なんでしょうね?それが、また出現した!って。
ところで、今日は4月1日ではありませんが。


____________________________________



posted by おばちゃん at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ルイス ニシザワ:墨絵の風景画の伝統で育った No.184

a03n1cul-1_mini.jpg



 ルイス ニシザワ:墨絵の風景画の伝統で育った

     La Jornada 3月12日新聞より

 画家は、墨とpapel arrozを使った日本の芸術を学んだと言う。

人々と一緒に暮らすというのが芸術家にとって最も重要な事と。
今、大学教師であるとそれは若者と一緒にいる事がとって好きで、
若者が今何を考えているかを知る事は大変楽しい。

画家の90歳を祝って画家を賞賛する展覧会のオープン式が木曜日
(3月13日)19:30に開催される。

私は、メキシコ州の村で生まれ、火山やその色彩にいつでも魅了
されてきたが、
私の父が日本人であったから、特に最初に日本の絵画に多くの影響を
得ている。

画家は、その作品は、純粋に精神的必要によってのものであると強調する。

。。。。。。。。。


+++++++++++++++
<おばちゃん的解説>
ルイス ニシザワ画伯は、メキシコでも有名な日系の画家である。
その絵は、彼自身が言うように墨絵に学びそれをさらにダイナミック(メキシコ
的)
にした。といえるのではないか?
というのはおばちゃんのコメント。

本当のところは、あまり、知らない。芸術について詳しくないので。
でも、今回の展覧会は是非行こうと思う。
メキシコ州が彼が生まれた所というが、その州都トルッカ市に彼の博物館がある


90歳で、なお活躍していらっしゃると。
やっぱりすごい!

彼は、メキシコ生まれの日系画家という事になるけど、メキシコに何年か住み
メキシコでも活躍した日本人の画家としては、北川民次画伯がいる。

メキシコは芸術家にとって、とっても良いとこらしいよね。
やっぱり芸術の国、メキシコって言いたい気分。

ところで、papel arrozって、うちの旦那に聞くと、タバコの巻紙に使うのだ
って言うんだけど、、、
和紙の事?だろうか。




posted by おばちゃん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

 一万人の観光客が、カテマコにお祓いをしてもらいに。No.183

一万人の観光客が、カテマコにお祓いをしてもらいに。

  El Universal 3月9日新聞より

 2000年以来70人近い、シャーマン 呪術師が集まる。
 そして、シャーマン、呪術師の会議で、密教、神秘、魔術で、お祓いが
行われる。

そこの潟の岸辺に集まる、そこには、オルメカの女神Chalchiuhtlicaがいると言
う。

お守りを買い求め、お祓いをしてもらって、愛を得られるように、
商売がうまくいくように、また、未来を占ってもらい、お祓いでよいエネルギー
を蓄えて。。。。

また多くの訪問者は、Loma Sagradaにも行く。
そこは、宇宙のエネルギーを受けられるところだと。

この3月の金曜日からの3日間で、土地の人の経済はぐっと上がる。


______________−

<おばちゃん的解説>
 カテマコのシャーマン会議は、ここ何年かで、すっかり有名になって、
世界からのシャーマンもどっとやってくるとか?

 ベラクルス州では、その資金援助もして、知事が、開演式に参加と。

 観光資源だよね。

 それにしても、メキシコって、シャーマン、呪術、皆好きだ。
 なんでもいいと思うものはやるにこした事ないっていう感じかあ。

 ソカロ広場なんかでも、お祓いしてもらってる人よくいる。

エネルギー貰いたい人も、また、遺跡、特にティオティワカンにどっと来るんだよね。
これは3月の春分の日というか21日だけど。。。



北海道から一年に数千本だけの贅沢。極上のトマトジュース蕃茄登場!


posted by おばちゃん at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

ベラクルスでの発掘は、歴史年代を紀元前200年に変更するだろう。No.182

ベラクルスでの発掘は、歴史年代を紀元前200年に変更するだろう。
 
   La Jornada新聞 3月5日

 コアツァコアルコスでの定住は、1522年に始まったとされていた考えを
 変更されるだろう。

 トンネル建設中に、二つのアスファルトに塗られたカヌーが発見された。
 
 ここは、オルメカ、マヤ、ティオティワカンの商業交易に重要な港の役を
 果たした。

 コアツァコアルコス川の近郊の地区は漁業、商業の港であった。

 それは、オルメカ時代、つまり紀元前200年から、始まっていたと。

 この港の繁栄期は、紀元後900〜1200年、先スペイン期の最も重要なメキシコ湾
 の港であった。

 発掘されたカヌーは、5.45mと7.10mのもので、木にアスファルトが防水のた
めに
 塗られている。
 木は風化が激しいが、アスファルトが2000年後も木の形をとどめるのに役立っ
た。

 この時代、すてに石油のアスファルトを使うこと知っていた。
 舟の防水や陶器のデコレーションに使っていた。
__________

 <おばちゃん的解説>

 過去の歴史は分からん事、未知の事がいっぱい。
 いつも、歴史書は、書き換えられているのかも。
 メキシコの考古学は、新しい発掘があるたびに、へー!で楽しいねえ。
 考古学者って、何かが出てくるたびにワクワクするんだろうなあ。




posted by おばちゃん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

刑事法が通る; Gestapoは除いてNo.181

刑事法が通る; Gestapoは除いて。

 El Universal 2月27日新聞より

 462の賛成票、6の反対票、2の棄権票で、下院を通過。

もっとも論争点であった判事の命令なしで、警察が家宅捜査を実行できるという言う項目は、排除されたが。

議論は上院にまわされる。


__________________

<おばちゃん的解説>
 現在のメキシコ政府は、メキシコを個人の人間の権利を無視しても
警察国家に仕立てようと思う意思が見える気がするのは、私だけだろうか?

麻薬問題も、国の大きな難題であり、治安問題も難しい問題である。
だが、特に、治安問題の根は何処にあるのか?を思うと、

あまりにも仕事のない人、生きてゆく最低の金も得られない人、
つまり、あまりにも貧しい人が多いという今のメキシコの現実だ。


ファシズムは世界の過去の歴史にのみ存在するとは限らない。
芽は何処にでもある。


今日は、またまた短い解説で、批判もあると思うが、また
書く機会があると思うので、今回はこれでごめん。







posted by おばちゃん at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

グローバルな悪い兆候に対応するための種の銀行No.180

グローバルな悪い兆候に対応するための種の銀行
     
     El Universal 1月23日新聞より

 地球の食料の生物学的保護を保証する目的で、メキシコにある
種の銀行から55,000種のトウモロコシと小麦の種が、
ノルウェーの北極のスピッツベルゲン島に作られる種の銀行に送られる。

メキシコはトウモロコシと小麦の最も多くの種を保護保存している国である。

スピッツベルゲン島はその離島と氷点下18度の環境で種の銀行
として最適。


CMMYT(メキシコ州 テスココ)発の種は130,000種送られる事になるだろう。

世界の耕作は、気候変化、公害、戦争、自然災害などのため危うい。
そのため、その種の保存を安全な場所にする事は必要である。

_________________

〈おばちゃん的解説〉
これは、食料である植物の種を、今の世界のいろんな事から守るという
ものである。

このスピッツベルゲンの種の銀行の建設は緊急だと。

今、我々地球人の生存は、いろんな意味で脅迫されている。
あんたや私の世代の子供くらいまでの世代は大丈夫かも?だけど、
その後は????かも?

食料の植物の種だけでなく、すべての植物動物そして人間の種も
保存する銀行を作る必要ありかも、未来の生き物の惑星のために。

ノアの箱舟じゃあないけど。。。。。


〜ネットスーパーTAKENOKO〜

食品スーパーの商品をネットで販売!是非ご利用ください!
posted by おばちゃん at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008/1〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。