2012年04月14日

保護動物の密売人。 Colorín Siete Coloresって、どんな鳥?

いつでも、保護動物の密売人ってのはいるのだけど、保護鳥を22羽持って密売人が捕まったというニュースだけど。

持ってた鳥、Colorín Siete Colores (7色の派手な色の鳥?)ってどんな鳥?
メキシコは南国で、鳥の色も明るい原色の綺麗な色、色鮮やかな鳥が普通に飛んでいて、よく見かけるけど、Colorín Siete Coloresって7色って事でしょうけど、どんな鳥?

http://www.museodelasaves.org/206/1/51/126.cfm?ii=89&bid=4&tid=115&id=634

赤の頭の鳥や黄色の鳥は良く見かけるけど、この鳥7色って事だけど頭が紫!

ニュース元


http://www.jornada.unam.mx/ultimas/2012/04/14/142923781-detienen-a-traficante-con-21-aves-protegidas-en-nayarit
タグ:保護動物
posted by おばちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10位以内にメキシコが入っていないのは不服!(笑)



10位以内にメキシコが入っていないのは不服!(笑)
伝統的メキシコ食って事かもしれないけど、メキシコ食は、去年世界無形文化遺産になった、確かに美味しいけど、メキシコ食、カロリー結構高いはず。

メキシコ人の肥満は相当のもんだと思う。
posted by おばちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

カストロが言った、メキシコ外務省が答えた

キューバのカストロが、2006年の大統領選挙は、当時のフォックス大統領政府とサリーナスex大統領などの政治家が仕組んだ陰謀によって、ロペス オブラドールを大統領にしない方策が企てられたと言った。

それは、カルロス アウマーダというアルゼンチン人の企業家が関わって、彼がキューバに行きそこで捕まって、いろいろ実情を言っているわけで、その内容を、キューバ政府は、国として、ロペス オブラドール側に渡している訳でなく、メキシコ政府に渡している。
それをフォックス政権は、握りつぶして公表する事はなかった訳だ。

今、カストロが、その内容を知っていて、陰謀が行われたと個人的に言った訳だが、それに対して、メキシコ外務省の答えが、

「カストロは理由もなくメキシコ政府機関の信用を失う発言をした。キューバは、キューバ人が自由に選挙できないではないか。」

なんともこの反撃。情けなや。

http://www.jornada.unam.mx/2010/08/15/index.php?section=politica&article=006n1pol

posted by おばちゃん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

若者の4人に1人仕事がない

メキシコの今、経済で、若者を含めた多くの人が仕事がないというのが最悪である。

仕事がないとどうやって生活するか?
犯罪だって増えるのは当然。

700万人の14歳から29歳の若者が失業か日給115ペソ以下。

もっとも働き手であるべき若者に仕事がない。


jornado 新聞
http://www.jornada.unam.mx/2010/08/12/index.php?section=politica&article=003n2pol

posted by おばちゃん at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットニュース 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

世界一の金持ちの金の使い方



この記事からすると、清貧生活で、企業家の鑑!?

いい加減にしてくれよ!と言いたい。

それだけの金を持っていても、メキシコの国民の半数以上の人が今日の飯にどう有りつくかという国で、その膨大な金を少しでもそう言う人のために使おうとはしていない。

世界一の金持ち、もちろん使いきれる訳がないが、それをどうするか?
投資、投資で、ドンドン金持ちになるのはいい。
それが、企業家の鑑だと。

彼が大金もちに慣れたのは、国営の電話会社を買い、モノポーリオの会社でガッポガッポ稼いだお陰さ。

貧しい家庭で、電話代が払えなくって、滞納したら、すぐ電話を切る会社。

世界の美術品を買いあさるのも良いさ。
どうせ使いきれる金じゃあないんだから。

メキシコの貧しい人の事を、仕事のない人がどうして暮らしているかを、考えると、メキシコで世界一の金持ちが、清貧生活?!

笑えるよね。

今日食べるものがない人が、どれだけメキシコにはいるかを考えると、こんな記事を読むと、腹が立つ前に、情けない。

posted by おばちゃん at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | インターネットニュース 2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。